読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

軽い速い安い

ゲームアニメ日常等など書いていくブログ()

真・女神転生Ⅳ@ニコニコ超会議2

こんにちは、あしゆですよ。

今日はプレイメモじゃなくて先日ニコニコ超会議2にて行われた「真・女神転生Ⅳ開発Q&Aトークライブ」についてめもめも。

 

事前にtwitterで質問を募集し生放送で答えていくってヤツですね。公開されているネタはこれぐらいかな?他にもあったら追記します。

『真・女神転生IV』開発者Q&Aステージで新情報も!?【ニコニコ超会議2】 - ファミ通.com

 

動画も上がってるみたいですね。非公式なので検索はご自分で。

私もほぼ全文書き起こしてあるのですがそれを書くのはアレなので↑以外のを要約したのをつらつらと

 

 Q.原案に名前のある金子一馬氏はどれくらい関わっているのか?

A.金子さんは原案のみの参加のように捉えました。SJの開発が終わってからすぐ真Ⅳに入ったので4年近く制作している。

 

Q.主人公は前髪切らないんですか

A.彼のアイデンティティーなのでそれはできません。

 

Q.悪魔の声はアトラスの社員さんが当てている場合もありますか?

A.昔はやっていたが今回は声優を起用。ですが土屋さんがあてている所もある。山井さんはペルソナ2のときにやらされたのこと。

 

 Q.本作とストレンジジャーニーに、世界観的な繋がりは有るのでしょうか?

A.基本的に繋がりはないが、(デモニカ)スーツ自体の設定は共有。今後もこういった共有設定はありうる。山井さん「アーサーはAで、バロウズはBですね」

 

Q.開発中に発生した、面白いバグを教えてください。

A.バグのリストを見るだけで気分が悪い。バグは関係ないが立体視(3D機能)の調整はがんばった。

 

Q.PVに流れていた「ヨシツネ」衣装を見てて、あーこりゃ「クー・フーリン」あるね、と予想。「ベルゼブブ・人型」あったら素直にスゲェと思うが、そりゃないか

A.土居さんがデザインの監修と半数のモデリング。リアリティの追及に苦労しミカド国とトウキョウとのデザインの差別化を図ったとのこと。土居「悪魔の装備品は他にもあるよ」

 

Q.今回も悪魔自慢みたいなのやりますか?投稿しまくったけどちょこっと載っただけでデビルマスターになれず今度こそデビルマスター狙いたい

A.山井「SJのパスワード募集ですね。やってほしかったらぜひご連絡ください。あの時結構集まったのですか?」石田「そうですね、私的にはかなり盛り上がったと思っています。今回もチートとか暴けるといいですね」

 

Q.あなたは今までのようP4UMegaTen格闘ゲームを作るつもりですか?

A.外国の方からの質問。P4Uの様な真Ⅳも格闘ゲームを出してくれないか?ということなら答えはNO。「あったらおもしろそうだが人手が足りないので作ってください」。悪魔も400体出せばいいんじゃない?と若干投げやりに。悪魔無双という言葉も出ました

 

Q.すれちがいMii広場の「ピース集めの旅」に真4のパネルを追加する予定はありますでしょうか?

A.アトラスとしては答えられないので任天堂にお願いします。依頼が来たら石田さんががんばるんじゃないの?と

 

Q.長年メガテンをやっていますが、主人公が女子になる可能性はもうないのでしょうか。ifのたまきちゃんとか。最近のディープな世界観だと難しいのかな。3の千晶みたいな感じでとか。無理ですかね。幸い今回の子は中世的なので無理矢理女子(自分)の名前つけてプレイ予定です。

A.女性ユーザが増えたのは感じおり、毎回女性主人公の必要性について話に上がるもののコスト・時間的に実現していない。デザイナーの土居さん的には男女主人公には肯定的でデザインもしてみたいとのこと。メガテン右翼の大山さんは萌えに対して否定的なためあまり賛同せず。そういうキャラは悪魔に食べられちゃうだとかw

 

Q.サムライなので白羽取りやマッカ投げはできますか?

A.お楽しみとのこと。マッカばら撒き出ないことを願う。

 

Q.ジャアクランタンとかキングランタンとかは……

A.「この質問すごいなーと思いました。是非アトラスに入社してください」。そんな言葉を言われてみたい。ジャック三兄弟(フロスト/ランタン/リパー)は大山さんの意向により参戦。「ヘアリージャックも!」と言っていたが何か別のニュアンスを含んでいるようにも聞こえた。

 

 Q.ありとあらゆる要素が携帯機ながらばっちり作り込まれていてとても楽しみです。ちなみに今後、過去作のリメイク等はありますか?ゆっくりと期待しています。

A.(ここは一部そのままのっけます。)

山井「女神転生シリーズは10年に一本しかでないシリーズなのですごく作り込みました。携帯ゲーム機だから据え置きに比べて作り込んでないみたいなことよく言われるんですけど、そんなことはないクオリティになっています。10年分の怨念というかですね、呪いというかですね、そういうのを思いっきり詰め込みました。」

土居「女神転生のキャラクタデザインを初めてやらせて頂きましたので持てる限りの力を使ってですね、今回作画させて頂きました。プレッシャーもすごかったのですがなんとか皆さんにお届けできます」

小塚「かなり長い間完全にメガテンモードになって作っていたんですけど、他のゲームでは味わうことのないような作りになっていると思うので、BGMに限らずサウンド全般楽しんで頂けたらなと」

小塚「メガテンユーザからは新しいけどメガテンだなってのを目指していて、新規の方には変わった音楽だけど、こういうのも面白いなというのを目指しています」

石田「今回システムも豪華なんですけど、世界観も世界が2つあるということでボリュームが相当あります。携帯機なんでボリューム不足や描き込み不足を心配されている方も多いと思うんですけど両方の世界作り込んで見応えありますのでそこは実際に体験して頂きたいです。立体視の調整は相当細かくやって、奥行というか世界に入り込む没入感があって、みなさんそんなONにして遊んでないと思うのですがONにして遊んでほしいと思います」

山井「もともとSJが終わって、なんで携帯機したかという話になるんですけど。DSでやろうかって話もあったんですよね?SJのエンジンを活かして、とかゲームエンジンを活かしてっていうのがありましたが結局作り直したんですよね?全然違うものになりましたね」

山井「立体視とか苦労しましたよね」

大山「そうですね。感をつかむまで時間がかかりましたが」

山井「今インタビューとか雑誌でやらせてもらっているんですけど、なんでシンジュクだけすごい作り込まれているんですか?って言われてあれ?他も作り込んでいますよ。と思ったら担当が大山さんだからだと。シンジュクで飲んでばかりいるからなと」

大山「そうですね、カブキチョウを中心に、ちょっとやり過ぎましたね。シンジュクは」

 

----------募集質問はここまで----------

 

Q.司会:真女神転生Ⅳの発売に向けて皆さんも心の準備が出来たのではないでしょうか。今回のトークライブのまとめを山井さんの方からお願いします

A.(ここもそのまま掲載)

山井「ぶっちゃけちゃいますと今回いろいろ、キャラクタが変わっていたりとかそういうところとかですね、インターネットとかでいろいろな意見があってですねポジティブなものもあれば、ネガティブなものもあるのは重々承知しています。そういう中で僕らは出来る限りのものを作ったつもりです。それで納得いかなければ僕らの力不足だと思っています。とにかくプレイして頂ければメガテンなんだなと安心して頂ける内容になっています。」

 

Q.司会:最後に今後の展開などを教えてもらえますか

  • 海外展開
  • Vジャンプにてコミカライズ。ヨナタンストーリーで山井さん監修、コドクノマレビトと同等の注力具合
  • DLCあり。DLCにネガティブなイメージを持ちつつも「社内でプレイしたらこれでこの値段だったら商売が下手だって怒られました」程の出来

 

Q.司会:「皆様(他スタッフ)も他にお伝えしたいこととかありますか」

  • SJのエリダヌス(ウロボロス面)のマップはもともと製品版の4倍だった。「反省しています」
  • 真Ⅲのカグツチ塔も製品版の2倍だった。厳し過ぎるためカット
  • 真・女神転生Ⅳは現3DSで一番面白いRPGの自信あり
  • 社内での心霊体験者多数。山井さんはライドウ制作時は多かったが今回は全然
  • 山井さんはいつも大詰めの時に病気に掛る。病気になると「あ、このゲームは終わるんだなっていいバロメータに使わせてもらっています」

時間にして1時間程でしたが随分な文量でした。 やはり開発者の裏話は面白い!アトラスは基本的に露出度が低いから嬉しいですね、また来年もやってほしい所です。

金子さんに関しては原案以外で今何をやっているかが明らかになっていませんね。他作品開発が既に始まっているのか、スパロボやっているのか。。

お祓いキャンセルと月齢オミットは驚きました。お祓いは以前していないと聞いていたが最後までしないとは...月齢なんか形骸化しているとまで言っていましたね。やむなしでしょうか?替わりに生まれるシステムに期待。

SJでやった悪魔コンテストはやらなくもない的に聞こえました。今回はがんばる造!

悪魔合体は過去作品と違う特殊な要素はありますか?」という質問、実はぼくが突っ込んだものです☆

 

以上、生放送トークイベントからでしたー